オリゴ糖の効果で善玉菌(ビフィズス菌)を増やす!

 

オリゴ糖は「健康食品」として大注目のアイテムです!

 

今では、有名にスーパーなどでも販売されている「オリゴ糖」ですが、その働きについて解説します。

 

「オリゴ糖」と言うと、【便秘解消に効果がある】と言うイメージを持つ方が多いと思います。しかし、確かに便秘解消に効果があるのは事実ですが、それだけではない、とでもうれしい働きが「オリゴ糖」にはあります。

オリゴ糖の一般的に言われている効果

  • 腸内環境を整える働き(善玉菌を増やす)
  • 便秘を改善する働き(善玉菌を増やす)
  • 免疫力が高まる(善玉菌を増やす)
  • 美肌効果(善玉菌を増やす)
  • 動脈硬化を予防する働き(善玉菌を増やす)
  • 虫歯を予防する働き(血糖値を上げにくい)

実は、「オリゴ糖」の本質的な働きは、次のような事です。

善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなり「善玉菌」を増やす!

この働きで、上記のような効果をもたらしています。

 

オリゴ糖の効果と言われているほとんどは、オリゴ糖が「善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなり「善玉菌」を増やす」ことで、「腸内環境を改善」したことによる効果です。

 

この効果は、「乳酸菌」を摂取したのとほぼ同様の効果です。乳酸菌も腸内で悪玉菌を減らして善玉菌を増やして「腸内環境を改善」してくれます。(参考:乳酸菌の効果

 

この働きからわかる通りで、オリゴ糖は、乳酸菌とともに摂取することで、さらに、効果アップが期待できると言われています。

 

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌そのものを摂り入れることを、「プロバイオティクス」といい、オリゴ糖のように善玉菌のエサになることで間接的に善玉菌を増やすことを、「プレバイオティクス」といいます。オリゴ糖にはこのプレバイオティクスとしての有効性が認められたことから、特定保健用食品として認可され、甘味料やシロップのほか、ヨーグルトや飲料などに添加され、特定保健用食品(トクホ)の印がつけられています。(出典:わかさ生活

 

このように、オリゴ糖は「便秘解消」だけではなく、「免疫力を高めてくれる」など、人の体のい健康にとてもオススメの食品です。

 

オリゴ糖の摂取方法

オリゴ糖を摂取する為には、一般食品から摂取する方法と、オリゴ糖製品から摂取する方法があります!

 

一般食品にも「オリゴ糖」が含まれているものはありますが、その含有量はわずかな為に十分に、「オリゴ糖」を摂取したい場合は、「オリゴ糖そのままの商品」、または、「オリゴ糖が配合されている商品」から摂取するのがオススメです。

 

オリゴ糖を多く含む食材

オリゴ糖を多く含む食材の代表的なものを紹介します。

  • 味噌
  • 醤油
  • 大豆
  • にんにく
  • ごぼう
  • はちみつ

 

オリゴ糖は、上記のような食品からも摂取出来ますが、その含有量は少なく、効率よく摂取が出来ないのが、現実です。

 

その為、十分な量を摂取するには、次に紹介する「オリゴ糖」が配合されている商品を利用するのが、一般的です。

 

オリゴ糖が配合されいる商品

オリゴ糖が含まれる食材から、オリゴ糖を抽出した「オリゴ糖」そのままの状態に近い商品や、「オリゴのおかげ」のような甘味料タイプ、ヨーグルトなどに配合される商品などさまざまです。

 

「オリゴのおかげ」のような甘味料タイプ、ヨーグルトなどに配合される商品の場合は、比較的、オリゴ糖の配合量が少ないなので、注意が必要です。

 

またそれらの商品には、甘味成分などが含まれていることが多いのでこの点についても確認が必要です。

 

オリゴ糖以外の余計な成分は接したくない、たっぷりオリゴ糖を摂取したい場合は、配合量の多く、純度の高い「オリゴ糖」商品を選ぶ必要があります。

 

オリゴ糖【ランキング】

純度の高い「オリゴ糖」が効率よく摂れるオススメ商品をランキングで紹介します。

 

 

カイテキオリゴの特徴

オリゴ糖の売り上げ実績がNO.1級!

オリゴ糖純度の高い「オリゴ糖」の中では売り上げ実績は申し分ありません。日本一選ばれていると言えます。

「カイテキオリゴ」は、北海道産の、「てん菜」、「牛乳」、「樹木」を原料とした、高純度のオリゴ糖をほぼ100%使ったオリゴ糖食品です。

市販のオリゴ糖に比べると、はるかに純度が高いオリゴ糖なので、その効果を十分に得ることができます。

商品に満足できない場合、25日以内であれば、商品を使い切ったあとでも、1個分の商品代金を返金してもらえるキャンペーン中です。

価格 2838(単品)円
評価 評価5
備考 単品¥2838円(税別) 定期¥2412円(税別)
カイテキオリゴの総評

高純度のオリゴ糖を試すなら、まずは試しい欲しいのが、この「カイテキオリゴ」です。「全額返品保障付」なので安心して試してみてください。

 
 

はぐくみオリゴの特徴

高純度の5種類のオリゴ糖を厳選して配合!

「はぐくみオリゴ」では、贅沢にも高純度で濃密な5種類のオリゴ糖をベストバランスで配合したオリゴ糖食品です。

母乳にも含まれている「ガラクトオリゴ糖」、野菜から取れる「キシロオリゴ糖」、ビートから取れる「ラフィノース」、「フラクオリゴ」、「乳果オリゴ」の5つを配合しています。

5種類の高濃度のオリゴ糖が、腸内フローラーの善玉菌を活性化してくれません。


価格 1840(定期初回)円
評価 評価4.5
備考 通常¥3680円(税込) 定期初回¥1840円(税込) 2回目以降¥2944円(税込)
 
 

オリゴのおかげ ダブルサポートの特徴

「オリゴのおかげ」からオリゴが高配合のオリゴ糖食品が登場!

スーパーなどでもおなじみの「オリゴのおかげ」から、オリゴ糖が高配合の健康食品が「オリゴのおかげ ダブルサポート」です。

オリゴ糖は、乳糖果糖オリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、ビートオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖などが併せて配合されています。



価格 980(お試し)円
評価 評価4
備考 お試し30本¥300円(税込) 単品30本¥1480円(税込)
 

オリゴ糖の種類を紹介!

オリゴ糖にはさまざまな種類があります。簡単に紹介します。

 

フラクトオリゴ糖

ショ糖(砂糖)に1〜3個の果糖が結合したオリゴ糖です。消化酵素で分解されにくく、低カロリー甘味料として用いられます。腸内環境を整える効果を持つほか、虫歯になりにくい甘味料としても知られています。砂糖に近い、くせのない、まろやかな甘さが特徴の健康的な甘味です。フラクトオリゴ糖を多く含む食品として、にんにくやごぼう、アスパラガスなどがあります。

イソマルトオリゴ糖

イソマルトオリゴ糖は、蜂蜜、醤油、みそ、お酒などに含まれるオリゴ糖です。おなかまで届き、ビフィズス菌等の有用菌のエサとなりバランスを整えてくれます。グルコース(ブドウ糖)を構成糖とするオリゴ糖の一種です。 腸内環境を整える効果を持ち、免疫力の向上にも役立ちます。また熱や酸に強く、防腐作用もあります。食品に旨みやコクを与えます。また防腐作用があるため、保存食に適しています。

ガラクトオリゴ糖

2〜6個の糖が結合したものを指すことが多く、単糖であるガラクトースを主成分とするオリゴ糖の総称です。 ガラクトオリゴ糖は、消化管内でビフィズス菌を増加させ、整腸作用をのある機能性のオリゴ糖です。さらに、ミネラルの吸収を促進する働きもあるといわれています。ガラクトオリゴ糖は母乳に多く含まれています。

大豆オリゴ糖

大豆に含まれる各種オリゴ糖の総称です。甘みは砂糖の70%程度で、カロリーは50%程度です。熱や酸に強く、他のオリゴ糖よりも少量で腸内善玉菌の増殖を促進させるといった特徴があります。

ビートオリゴ糖(ラフィノース)

ラフィノースは北海道の大地で丹精込めて育てられたビート(甜菜)から抽出・精製された世界で唯一の高純度結晶オリゴ糖です。ラフィノースは胃や小腸で消化酵素によって消化吸収されることなく、大腸に達します。大腸に達したラフィノースは腸内の善玉菌であるビフィズス菌の増殖源となり、悪玉菌といわれる大腸菌・ウェルシュ菌等を駆逐します。

 

オリゴ糖がおすすめの人

 

オリゴ糖の摂取が特におすすめの人を説明します。

 

腸内環境を整えて免疫力を高めたい人

オリゴ糖は、腸で善玉菌の「エサ」となって、善玉菌を増やしてくれるので、免疫力を高めてくれます。つまり、腸内環境を整えることは、健康を維持するために、とても大切なことです。その為、「オリゴ糖」を日々、生活の中に取り入れることで、健康維持をサポートしてくれます。

 

便秘が気になる人

オリゴ糖は、腸内環境を整えてくれるので、「便秘」にお悩みの方にもおすすめです。しかし、「オリゴ糖」は薬ではないので、即効性はありません。日々の食生活の中で取り入れることが大事です。特に、妊婦さんなど、薬に頼りたくない方には、特におすすめです。

 

糖質が気になる人

オリゴ糖には、ほのかな甘みがあります。糖質が気になる「血糖値が高い」人には特におすすめです。但し、市販のオリゴ糖の中には、「甘味料」などが含まれているの場合もあるので、注意が必要です。

 

赤ちゃんや幼児

赤ちゃんや幼児は、まだ、十分に腸内環境が整っていないので、お腹の調子をこわす事が、しばしばあります。安全で安心なオリゴ糖を補給することで、腸内環境をと積極的に整えてあげましょう。

 

 

 

オリゴ糖の効果的な取り方

 

オリゴ糖にはさまざまな働きがあります。知っておいて欲しいのが、効果的なオリゴ糖摂取方法です。

 

オリゴ糖自体は1日の目安量を守れば身体に害を与えることはなく、いつどのタイミングで摂取しても構いません。いいと言われています。

 

しかし摂取方法によって効果が異なるので、ここでは「便秘」「成人病予防」「美容」タイプ別に効果的な摂取方法を紹介します。

 

便秘に効果的な摂り方

乳製品と一緒に摂取する

乳製品と言っても何でもいいわけではなく、主に「乳酸菌」が含まれている「ヨーグルト」など一緒に摂取することが大切です。

 

乳酸菌は善玉菌の一種であり、オリゴ糖と同様に、腸内の善玉菌を増やす働きがあり環境改善に効果的です。

 

オリゴ糖と一緒に食べることで、その効果がさらに高まると期待できます。

 

ただ、「生きたまま腸まで届く」というフレーズと共に有名になった乳酸菌ですが、そのほとんどは胃酸によって殺菌されてしまいます。それどころか生きて腸まで届いても増殖することはないと言われているのです。

 

しかし、死滅した乳酸菌でも他の善玉菌のエサになったり、善玉菌を増やす働きがあります。ある説では、生きている乳酸菌より、むしろ始めから殺菌されている乳酸菌を摂取する方が高い効果を発揮するとも言われています。

 

食物繊維を一緒に摂取する

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、いずれもオリゴ糖のように小腸で吸収されずに大腸まで届きます。

 

そこで、善玉菌のエサになったり便のかさ増しをしたり、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活性化してくれるので便秘解消の助けになります。

 

その為、オリゴ糖と一緒に食べることで、相乗効果で、さらに効果を高まると期待できます。

 

生活習慣病予防に効果的な摂り方

オリゴ糖を砂糖の代わりにに使用する

代表的な生活習慣病と言えば動脈硬化脂質異常症心筋梗塞などが挙げられます。

 

そしていずれも疾患にも関わっているのが血中の中性脂肪値です。

 

血中の中性脂肪が増えると、「悪玉コレステロール」が多くなり、動脈硬化や脂質異常症を引き起こし、心筋梗塞などの致命的な病気を引き起こす原因となります。

 

実はオリゴ糖は低カロリーだけでなくGI値も低いため、食事中の血糖値上昇を緩やかにしてくれる効果があります。その為、中性脂肪を貯めない作用があります。そこで料理に、砂糖の代わりに使用することで血糖値の上昇を押さえてくれる働きがあります。

 

ちなみにオリゴ糖を入れたからといっていきなり炭水化物をドカ食いしては意味がないので注意してください。

 

美容に効果的な摂り方

美容成分と一緒に摂取する

オリゴ糖で腸内環境が改善されると、新陳代謝が活発化したり血行が促進するので美容にも効果的です。
そこでオリゴ糖と美容成分を同時に摂取していきましょう。

 

美容成分として代表的なビタミンCならば血液を効率的に循環し老廃物質のもとである活性酵素を排除したり、コラーゲンの合成を助けてくれます。

 

この他オリゴ糖はミネラルの吸収促進効果があるので、ミネラルが豊富な玄米に混ぜて食べるといいでしょう。

 

オリゴ糖のデメリットや副作用はあるの?

健康促進に有効な「オリゴ糖」ですが、飲むことで何か「デメリット」が有るのでしょうか?

 

オリゴ糖は、食品の一つです。どのような、食品も「食べ過ぎ」は禁物です。「薬」ではないので、特に決められた服用方法などはありませんが、適量を食べることが肝心です。

 

オリゴ糖を適量以上に接した場合は、「お腹がゆるくなる」場合があります。それ以外は特に、大きな問題はないと思われます。もちろん、副作用などはないようです。

 

但し、オリゴ糖の原料や配合されている各素材に、「アレルギー」などがある方は、各自、チェックすることをオススメします。

オリゴ糖の疑問【Q&A】

オリゴ糖に対する疑問について簡単に説明します。

オリゴ糖は太りませんか?血糖値上昇に影響しませんか?

オリゴ糖は、通常の砂糖などに比べて、約半分のカロリーなので太りずらいと言えます。しかし、オリゴ糖食品の種類によっては、糖分が配合された商品もあるので注意が必要です。また、オリゴ糖は、砂糖などに比べて、血糖値の上昇を抑えてくれる作用があります。但し、オリゴ糖を過信してとりすぎると、もちろん、太る原因になるので注意は必要です。

オリゴ糖の飲む量(摂取量)はどのくらい?

オリゴ糖は、食品の為、決められた量は存在しませんが、「カイテキオリゴ」では、1日5g程度(スプーン1杯程度)を目安を推奨しています。また、子供の場合は、以下のような量が目安になります。

  • 〜生後6ヵ月→0.5g〜
  • 生後6ヵ月〜1歳→1g〜
  • 1歳以上→2g〜3g
どんな味がしますが?

スーパーなどで販売されている「オリゴのおがげ」などは、砂糖のように甘い味がしますが、当サイトで紹介しているような、純度の高いオリゴ糖は、だいたい「ほんのり甘い」程度の甘さになります。

妊娠中・授乳中でも飲んで安全なの?

オリゴ糖は薬ではなく、食品のひとつです。特に問題はありません。幼児から年配の方までおいしく食べれます。但し、アレルギーや持病がある方で心配な場合は、医師に相談することをおすすめします。

どのくらいで効果が出るの?

オリゴ糖は薬ではなくて、食品なので「効果」については、保証しているわけでなく、摂取量や、期間、本人の体質などによって現れる効果は変わってきます。効果を感じない場合は、量を増やしてみたり、もう少し続けてみたりしてください。最低でも一か月の継続が望ましいと思われます。

【まとめ】日々の食生活に「オリゴ糖」を取り入れましょう!

腸内環境を整えるのに【オリゴ糖】はとても有効です!

 

免疫細胞は、「腸」で作られると言われています。腸の健康こそが、「体の健康」を作り出す根源なのかもしれません。

 

「乳酸菌」や「ビフィズス菌」などとともに、「オリゴ糖」を摂取するとさらに効果的です。

 

日々の食生活の中に、オリゴ糖を取り入れて、善玉菌を増やして「元気な腸」を獲得しましょう!

 

 

 

 

最後に。

 

この度は、当サイトを、ご覧頂きありがとうございます。少しでも、健康促進にお役立て頂けたら、幸いです。

 

ご健康をお祈りいたします。

更新履歴