オリゴ糖と腸内細菌の関係

 

私たちの腸内には約1.0〜1.5kg程度の腸内細菌が存在しています。

 

腸内細菌のサイズは約1/1000mmと肉眼では確認できないほど小さな存在です。そして1,000以上もの種類があり、数にしてなんと600〜1,000兆個もあると言われるのです。すべて集めると1kg以上の重さになるのも納得ですね。

 

そんな腸内細菌は、様々な病気や健康に密接な関わりがあるとされここ数年で急激に注目され始めました。

 

そして同時にオリゴ糖も知名度を伸ばしていきましたね。オリゴ糖と腸内細菌にはどんな関係があるのでしょうか?

 

良い菌と悪い菌、そしてどちらでもない菌

腸内細菌は大きく分類して「善玉菌」と「悪玉菌」、そして「日和見(ひよりみ)菌」の3つが存在します。

 

大体、【20:10:70】0の割合で存在しているのですがこのバランスが非常に重要なのです。

 

善玉菌

善玉菌はその名の通り腸にとって良い影響を与えてくれる腸内細菌であり、代表的なのが「ビフィズス菌」と「乳酸菌」です。

 

ヨーグルトなど乳製品によく配合されているのでどちらも皆さん耳馴染みのあるものかと思います。

 

ビフィズス菌は吸収した糖類を分解して乳酸と酢酸を生成します。これらの成分は腸内環境を酸性に保つことで悪玉菌の増殖を抑制する他、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化して快適な排便を促します。

 

ちなみに善玉菌の約99%はこのビフィズス菌です。

 

乳酸菌は250種類以上確認されていて各細菌によって微妙に働きが異なります。いずれにしろ腸内環境を酸性に保ったり、免疫力を高めるなどの効果があるのです。

 

これ以外に納豆菌なども善玉菌に分類されています。

 

悪玉菌

悪玉菌として代表的なのは「大腸菌」と「ウェルシュ菌」です。

 

大腸菌は増え過ぎない分には害はないのですが、偏った食生活をしていることで増殖。腸内の腐敗を進めて便秘や下痢といった症状を引き起こします。

 

ウェルシュ菌は腸内以外にも自然界に存在する細菌で嫌気性という特徴があります。

 

このため食材の中心部など無酸素状態の場所で増殖し、体内に侵入すると毒素を放出して便秘や下痢の原因となるのです。

 

また、発がん性物質も放出するので大腸がんなどのリスクが高まります。

 

日和見菌

日和見菌の特徴は、善玉菌と悪玉菌どちらか優勢な方の味方になるというものです。

 

腸内環境が安定していて善玉菌優勢ならば特に害を及ぼすことはなく、むしろ良い働きをしてくれます。

 

しかし悪玉菌優勢となると悪玉菌と同様の働きをするというなんとも厄介な腸内細菌です。

 

代表的なのが「バクテイロイデス」と「ユウバクテリウム」であり、善玉菌と悪玉菌のバランスを正常に保って味方につけることが重要でしょう。

 

オリゴ糖は善玉菌のエサになる

実は善玉菌は糖類が大好物であり、摂取することで腸内環境を健康に保つことができます。

 

しかし砂糖(ショ糖)やご飯といった糖類はほとんど小腸で吸収されてしまうため、大腸まで届き善玉菌のエサになることはないのです。

 

一方オリゴ糖の多くは難消化性と呼ばれていて小腸では消化されず大腸まで届くことができます。これにより善玉菌がオリゴ糖をエサにして増殖することができるのです。

 

また、オリゴ糖は善玉菌の中でも特のビフィズス菌との相性がよく、効率的な増殖を助けてくれます。

 

善玉菌の約99%はビフィズス菌で構成されているので「ビフィズス菌を増やす=腸内環境を整える」と言ってもいいでしょう。ちなみに悪玉菌がオリゴ糖をエサに増殖することはありません。

 

もう一つ嬉しポイントとしては、オリゴ糖はカロリーが砂糖の半分程度なので多少多めに摂取しても問題ありません。(ただし過剰摂取で下痢気味になることがあります)

 

まとめ

いかがでしょうか?オリゴ糖と腸内細菌には密接な関係があり、腸内環境改善の強い味方になってくれます。

 

また、腸内改善を起点に様々な健康・美容効果が期待できるのでオリゴ糖摂取で健康敵ににそしてキレイにカラダ改革を行いましょう。

 

 

 

オリゴ糖と腸内細菌の関係記事一覧

便秘症の人や排便コントロールがうまくできなかったりするとビフィズス菌を増やしてみたらいいということを聞いたりします。そもそもビフィズス菌とはどのような菌なのでしょうか?。ビフィズス菌は腸内細菌の一つビフィズス菌は腸内細菌の一つなのです。そしてビフィズス菌は善玉菌とよばれる一種になります。善玉菌とは善という字がついているだけあり、体によいことをしてくれる菌になるのです。ビフィズス菌は腸内に生息してい...