過剰摂取をしない

 

オリゴ糖は腸内環境を整えて便秘を改善する効果が期待できる成分です。しかし、一つ間違えてしまうとお腹を下して下痢になってしまったりすることがあるようなのです。

 

オリゴ糖を摂取する時に気を付けなければならない事を少しご紹介させていただきます。

 

まずオリゴ糖の摂取方法なのですが、オリゴ糖を摂取する場合はサプリメントやシロップタイプになっているものが販売されていることがあります。

 

シロップタイプのものは料理の調味料として使うことも可能ですのでとても便利なものです。しかし、反対に使い過ぎてしまうとオリゴ糖の成分を過剰摂取してしまうことにつながるのです。

 

オリゴ糖はビフィズス菌を増やすといわれているとてもよい成分ではあるのですが、摂取しすぎることによりビフィズス菌を増やし過ぎてしまう可能性があります。

 

ビフィズス菌を増やし過ぎてしまうと身体によいと思う人もいらっしゃると思うのですが、実は増やし過ぎてしまうことにより下痢になってしまうことがあるのです。

 

この下痢になってしまう理由は便が柔らかくなりすぎてしまうからと言われています。

 

ビフィズス菌は確かに便秘改善によいものではあるのですが、増えすぎてしまうと反対に便通がよくなりすぎてしまうということにつながってしまうのです。

 

便秘を改善したい場合に必要な量というのは1日に定められているようですので、摂取のし過ぎには十分注意しましょう。

 

そしてもしもお腹を下してしまうことがあれば医師に相談にいくようにしましょう。

 

摂取しすぎてしまうと

 

オリゴ糖という成分をたくさんいっきに摂取してしまうとお腹を下してしまい下痢になってしまうといわれています。

 

この下痢になってしまう原因の一つとして、オリゴ糖が胃で吸収されずに腸内まで届くということがあげられています。

 

この腸内まで届くということによりオリゴ糖は効果を発揮するものなのですが、摂取しすぎてしまうことにより腸内にたくさんのオリゴ糖が届いてしまい下痢を起こしてしまうのです。

 

この下痢という症状が続くことにより消化活動がうまくいかなかったり吸収することがうまくいかなかったりと腸内環境が悪くなってしまうことがあります。

 

オリゴ糖という成分は腸内で長く待機していることができない成分です。1日にたくさんの量を摂取したからといって何日もその効果が持続するものではありません。

 

1日に少しの量でもいいので摂取し続けることが効果につながっていくと言われています。下痢になってしまうとせっかくのオリゴ糖も効果を発揮することができなくなってしまいます。

 

そうならないためにも一度の過剰摂取はさけましょう。そして一番効果が期待される飲み方を継続していくことをオススメします。

 

サプリメントなどの場合は、1日に何錠飲めば効果的であると用量などが記されているものがほとんどです。

 

しっかりと説明書を読んで必要な分だけを摂取するようにしましょう。過剰摂取による下痢の症状などが起きないように注意をしましょう。

 

関連ページ

下痢の症状
下痢という症状が出てきている時、腸内の環境は悪いと思ってください。
他の薬との併用
サプリメントを毎日摂取している人は医師から薬を処方してもらう時に一度相談をした方がよいといわれています。
1日に摂取する量
便秘で困っているからといって1日に大量に摂取したからといって便秘が改善されるとは限りません。