イソマルトオリゴ糖

 

オリゴ糖の種類の中にイソマルトオリゴ糖とよばれるものがあります。このイソマルトオリゴ糖の特徴はどのようなものなのでしょうか。

 

イソマルトオリゴ糖の特徴としては、砂糖に比べて甘みが半分ぐらいしかないことです。そして水分を保持する能力が優れているため老化防止効果が期待できるものになります。

 

このイソマルトオリゴ糖を料理に使うことにより荷崩れを防止できる効果もあります。オリゴ糖は腸内を整える作用があるといわれていますが、このイソマルトオリゴ糖も腸内環境を整える効果もあります。

 

ビフィズス菌を増加する能力が優れているため、腸内環境を整えて便秘改善にもとても効果があるといわれています。

 

しかし、オリゴ糖については胃の中で吸収されにくく腸内まで届くといわれているのですが、腸内にとどくことによりビフィズス菌を増やす効果が発揮されます。

 

しかし、1日にたくさんの量を摂取したからといって毎日継続して善玉菌を増やすということはありません。

 

少しずつでも毎日摂取することにより善玉菌を増やしていくことができるのです。毎日の積み重ねが大事になりますので毎日少しずつ摂取することを心がけましょう。

 

オリゴ糖にはいろいろな種類があり、種類により甘みや特徴などもかわってきます。

 

糖分を抑えたい人や甘みを抑えて料理に使いたい場合、便秘改善の効果を期待したい場合、自分に合ったオリゴ糖を選ぶことが大事になります。毎日少しずつ摂取することにより健康を維持できるといいですね。

 

関連ページ

フラクトオリゴ糖
フラクトオリゴ糖がたくさん含まれている食物はにんにくやねぎや玉ねぎです。
大豆オリゴ糖
大豆オリゴ糖の特徴の一つとして、他のオリゴ糖よりは甘みが強いといわれています。
ガラクトオリゴ糖
ガラクトオリゴ糖の主成分はガラクトースというものになります。母乳などにも多く含まれている成分のうちの一つです。
乳果オリゴ糖
乳果オリゴ糖は発酵のヨーグルトにごく少量含まれているだけなのでたくさんの量を自然で採取することが難しいとされています。
ラフィノース
ラフィノースが含まれている野菜としてキャベツやブロッコリーなどがあげられます。