ガラクトオリゴ糖

 

ガラクトオリゴ糖の主成分はガラクトースというものになります。母乳などにも多く含まれている成分のうちの一つです。

 

乳製品を摂取することによりガラクトオリゴ糖を摂取することもできるのですが、乳製品を摂取することによりお腹の調子が悪くなってしまう人は摂取のし過ぎには注意が必要になります。

 

ガラクトオリゴ糖は市販でも販売されています。そして母乳にも含まれているということもあり、市販で販売されているミルクにも含まれていることが多いようです。

 

新生児の赤ちゃんの体にもよい成分ですので含まれているミルクを選ぶ方がいいですね。そして大人の人にも嬉しい効果があります。

 

それはコレステロール値です。健康診断などでコレステロールが高いと脳梗塞などの病気になる可能性があるといわれています。

 

脳梗塞という病気の名前を聞くと死に至る病気というイメージを持っている人が多いと思います。実際その通りで、脳梗塞は三大疾病のうちの一つで生死にかかわる病気の一つです。

 

コレステロールが高いからといって絶対になるというわけではありませんが、コレステロールを上げないほうがいいということは確かですよね。

 

ガラクトオリゴ糖はコレステロールを抑制する効果も期待できますので大人の方にも嬉しいことですね。

 

ガラクトオリゴ糖を摂取することにより効果が期待できることはたくさんありますので、健康診断などの結果によってはガラクトオリゴ糖を摂取をためてしてみるのもいいですね。

 

関連ページ

フラクトオリゴ糖
フラクトオリゴ糖がたくさん含まれている食物はにんにくやねぎや玉ねぎです。
大豆オリゴ糖
大豆オリゴ糖の特徴の一つとして、他のオリゴ糖よりは甘みが強いといわれています。
乳果オリゴ糖
乳果オリゴ糖は発酵のヨーグルトにごく少量含まれているだけなのでたくさんの量を自然で採取することが難しいとされています。
イソマルトオリゴ糖
イソマルトオリゴ糖の特徴としては、砂糖に比べて甘みが半分ぐらいしかないことです。
ラフィノース
ラフィノースが含まれている野菜としてキャベツやブロッコリーなどがあげられます。