乳果オリゴ糖

 

オリゴ糖の種類の中に乳果オリゴ糖というものがあります。

 

この乳果オリゴ糖は発酵のヨーグルトにごく少量含まれているだけなのでたくさんの量を自然で採取することが難しいとされています。

 

乳化オリゴ糖はフラクトオリゴ糖に似ているといわれています。

 

違いといえば、フラクトオリゴ糖は甘みが控えめなのですが、乳果オリゴ糖は甘みが強いといわれています。砂糖にも近いといわれているのですが、胃で消化をしないため腸内まで届きます。

 

オリゴ糖は腸内まで届き善玉菌を増やすことで有名な成分です。この乳果オリゴ糖もこの腸内環境を整える役目を果たします。

 

前述にもあります砂糖と同じぐらいの甘みがあると言いましたが、カロリーは低いため砂糖の摂取のかわりに乳果オリゴ糖を使用するとダイエットにも効果があるのでオススメになります。

 

しかし、注意点があります。この注意点というのは、この乳果オリゴ糖はヨーグルトなどに含まれているということなのですが、乳製品でお腹が弱くなってしまう人は摂取のし過ぎに注意が必要です。

 

もともとお腹が弱い人は過剰摂取をしないように気を付けましょう。

 

過剰摂取を気を付ければメリットばかりのよいオリゴ糖になります。過剰摂取をさけて継続して少しずつの量を摂取できるようにするのがオススメです。

 

コストはかかりますが、毎日継続して飲み続けて腸内環境を整えることを目標にしましょう。

 

関連ページ

フラクトオリゴ糖
フラクトオリゴ糖がたくさん含まれている食物はにんにくやねぎや玉ねぎです。
大豆オリゴ糖
大豆オリゴ糖の特徴の一つとして、他のオリゴ糖よりは甘みが強いといわれています。
ガラクトオリゴ糖
ガラクトオリゴ糖の主成分はガラクトースというものになります。母乳などにも多く含まれている成分のうちの一つです。
イソマルトオリゴ糖
イソマルトオリゴ糖の特徴としては、砂糖に比べて甘みが半分ぐらいしかないことです。
ラフィノース
ラフィノースが含まれている野菜としてキャベツやブロッコリーなどがあげられます。