大豆オリゴ糖

 

その名前の通り大豆に含まれているオリゴ糖なのですが、大豆オリゴ糖はどのような特徴があるのでしょうか。

 

大豆オリゴ糖の特徴の一つとして、他のオリゴ糖よりは甘みが強いといわれています。しかし、甘いとはいっても砂糖の甘さには勝つことはできないのですが、砂糖の4分の3ほどの甘みはあるようです。

 

砂糖の4分の3といわれていますが、カロリーは砂糖の半分ほどですので甘みは強いのにカロリーは低いのでダイエットをしている人にはとても嬉しいことですね。

 

そして他のオリゴ糖と違うところは、オリゴ糖は胃で吸収されることが少なく腸内まで届くといわれていますが、大豆オリゴ糖については胃で吸収されやすいオリゴ糖の一種になります。

 

血糖値の上昇を抑えるなどの作用を期待することはできません。しかし、便秘の改善などには効果があるといわれているので糖分を抑えたい人が使用することはオススメになります。

 

甘みが特徴ということもあり、ダイエットをしている人についてもオススメになります。

 

しかし、砂糖よりもカロリーは低いですが砂糖の半分はカロリーがありますので甘みが強くなりすぎている場合はダイエットには効果が薄いといわれています。

 

いつもよりも少し甘みを抑えた形で大豆オリゴ糖を摂取できるのであればダイエットにも効果があるといわれています。

 

少しでもカロリーを抑えたいと思っている人は大豆オリゴ糖を砂糖の代わりに使ってみるといいですね。

 

関連ページ

フラクトオリゴ糖
フラクトオリゴ糖がたくさん含まれている食物はにんにくやねぎや玉ねぎです。
ガラクトオリゴ糖
ガラクトオリゴ糖の主成分はガラクトースというものになります。母乳などにも多く含まれている成分のうちの一つです。
乳果オリゴ糖
乳果オリゴ糖は発酵のヨーグルトにごく少量含まれているだけなのでたくさんの量を自然で採取することが難しいとされています。
イソマルトオリゴ糖
イソマルトオリゴ糖の特徴としては、砂糖に比べて甘みが半分ぐらいしかないことです。
ラフィノース
ラフィノースが含まれている野菜としてキャベツやブロッコリーなどがあげられます。