母乳に含まれている成分

 

私達が生まれてきてすぐの時、赤ちゃんで小さくお母さんやお父さんに守られながら生きてきました。

 

一番の栄養源になっていたのは母乳やミルクだったはずです。生まれてすぐは首もすわってなければ歯もはえていない状態でした。

 

お母さんがくれる母乳やミルクがなければ大きくなることはできないのです。そんな母乳には赤ちゃんに必要な栄養源がたくさん含まれていました。

 

母乳に含まれている成分で一番有名なものはラクトフェリンです。このラクトフェリンをたくさん含んでいるからこそ免疫力が付き風邪をひきにくくなるのです。

 

母乳は必ずでるものではなく、場合によってはミルクをあげたり混合にしたりとする人もいらっしゃいます。今は市販で販売されているミルクにもラクトフェリンの成分が入った物も販売されているようです。

 

そしてもう一つ重要な成分としてオリゴ糖があります。母乳に含まれているオリゴ糖はガラクトオリゴ糖と呼ばれるオリゴ糖です。赤ちゃんの腸内環境を見てみるとビフィズス菌がたくさんあることが研究でわかったのです。

 

その研究を元に母乳を調べてみるとオリゴ糖の成分を発見することが出来たのです。腸内環境を整えるということは体の免疫力をアップさせることとつながります。

 

風邪をひかない体になる為にも免疫力のアップはとても重要なポイントになります。赤ちゃんが風邪をひきにくい状態になっているのもお母さんの母乳のおかげなのですね。

 

しっかりとオリゴ糖やラクトフェリンを含んだ母乳を与えてあげることで赤ちゃんは成長していくのです。女性の方はしっかりと頭にいれておくといいですね。

 

関連ページ

野菜を食べる
オリゴ糖が多く含まれているといわれている野菜は、玉ねぎやキャベツに含まれているといわれています。
大豆製品を食べる
オリゴ糖の種類の中に大豆オリゴ糖といわれるものがあります。このオリゴ糖は大豆製品から摂取できるものです。
果物を食べる
実は果物の中にもオリゴ糖が含まれている食品はたくさんあります。